デリケートゾーンの黒ずみができる原因は何か?

デリケートゾーンの黒ずみの原因は何か?

デリケートゾーンの黒ずみができる原因は何があるのかといいますと、基本的には下着の摩擦やそれによる下着によるものです。妊娠や出産、さらには加齢によって黒ずみができることもありますが、それ以外であれば大抵はVIOなどの処理をするときの摩擦によることや、外部から刺激を受けて、それによって防衛反応を起こしてしまうことによってメラニン色素が発生するためにデリケートゾーンが真っ黒になるというわけです。また、デリケートゾーンというのは実は身体の中でも特に皮膚が薄くなっているので、ダメージを非常に受けやすいということです。他の部位と比べるとトラブルを抱えやすくなってしまうのですが、デリケートゾーンというのはやはり下着を着用するために皮膚が赤くなったり黒くなったりすることが多いです。ゴムの締め付けや、サイズが小さいものであればトラブルを抱えやすいです。毎日刺激を受けることになりますし、さらに高温多湿の環境なのでどうしても雑菌が発生しやすいです。臭いもきつくなりますし、さらに病気にもなりやすい部位なのでまずは刺激や摩擦を受けないようにし、加えて通気性についてもしっかりとケアするようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは出産も関係がある

デリケートゾーンの黒ずみというのは、妊娠や出産などによっても酷くなってしまうことがあります。例えば出産したら急にデリケートゾーンが黒ずみを帯びてきたという女性は実は多いです。通常であれば刺激や摩擦によってどんどん黒くなってしまうのですが、実は出産することによって母体が出産のためにメラニン色素を発生するという仕組みになります。出産によって黒くなってしまうので、基本的に産後には肌のターンオーバーやメラニン色素のターンオーバーも落ち着くので次第に元の肌に戻るのですが、実はデリケートゾーンだけでなく乳首や脇などにも派生するようになります。ただ、これは身体が出産に備えてしまうことになるのでそのような心配は必要ありません。したがって、妊娠や出産によって黒くなったとしても慌ててクリームを使ったり石鹸などを使ったりする必要はありません。出産してから数ヶ月くらいしたら落ち着くようになるので、その点は理解しておきましょう。また、どうしても黒くなった部位が元に戻らないのであれば、産婦人科などに聞いてみるといいでしょう。そうすればきちんとした対処方法などを教えてもらえるのでその点は安心できます。

デリケートゾーンの黒ずみは加齢によってできやすくなる

実はデリケートゾーンの黒ずみというのは、加齢によってもできやすくなります。デリケートゾーンの黒ずみができることによって精神的にもブルーになってしまうのですが、30代からは特に加齢によって血行や代謝なども衰えてしまうので肌がどんどん黒くなってしまいます。部位によって異なることもありますが、基本的に肌というのは28日を1つの周期にして細胞が生まれ変わるようになります。ただ、加齢によってその間隔がどんどん遅れてしまいます。高齢になるとなんと1ヶ月くらいはターンオーバーの間隔が伸びてしまうことがあります。したがって、普段から摩擦や刺激から肌を守ることが大事なのですが、加齢によって肌のターンオーバーが乱れてしまったためにデリケートゾーンの黒ずみができているのであれば、まずは肌のターンオーバーを正常にするために石鹸などを使用するといいでしょう。刺激から肌を守るためにも保湿することが何よりも大事ですし、さらにそのためには保湿成分のあるボディーソープや石鹸などを使うといいでしょう。ネット通販から探してみましょう。